症状別プラセンタの利用法

プラセンタはアンチエイジング効果で有名ですが、医療用としてもいろいろな効果があります。ここではアトピーや肝機能障害への利用などお話します。

サイトトップ > アンチエイジング効果

スポンサードリンク

症状別プラセンタの利用法

アンチエイジング効果


現在では、プラセンタ・エキス注射液を美容目的で使う美容外科や美容クリニックも多くなってきました。


プラセンタ注射は、本来の医薬品としての効果のほか、肌の三大トラブルであるシミ、シワ、にきびをはじめ、乾燥肌や敏感肌などの肌タイプの改善、肌の老化予防、美白など、あらゆる分野において、優れた効果を発揮するとされ、「肌の若返りの特効薬」とさえ言われています。


美容外科で使われるプラセンタ・エキス注射薬は「ラエンネック」が多いようです。 治療の方法は、定期的に注射薬の投与を行うのが一般的です。 三日に一度、週に一度、二週間に一度など、回数に規定はなく、自分の生活に合わせた無理のないサイクルで行います。 大切なのは、定期的に行うことです。


注射方法は皮下注射、筋肉注射、点滴などの方法があります。 一般的には、筋肉注射に比べ痛みが少ない皮下注射が行われるようです。 点滴は直接血液に注入されるため、効果の現れるのが早いとされています。 点滴では、プラセンタ・エキスにビタミンなどを配合して行う場合が多いようです。


料金は、クリニックや美容外科によってさまざまになっています。 平均的な料金は、アンプル1本2,000円前後、2本で3,500円前後となっています。 アンプルとは、注射液の入っている小さな小瓶のことをいいます。 一回の施術で1~3本の投与が一般的とされていますが、4~5本のアンプルを打つことが可能というクリニックもあります。 そのほかに、初診料などがかかる場合もあります。


症状別プラセンタの利用法

MENU



スポンサードリンク