症状別プラセンタの利用法

プラセンタはアンチエイジング効果で有名ですが、医療用としてもいろいろな効果があります。ここではアトピーや肝機能障害への利用などお話します。

サイトトップ > 薄毛とプラセンタ

スポンサードリンク

症状別プラセンタの利用法

薄毛とプラセンタ


抜け毛や薄毛に悩む方は多いと思いますが、プラセンタは抜け毛にも効果が期待できるとされています。


抜け毛の原因の主なものは、次の通りと考えられています。
・男性ホルモンの過剰作用によるもの(粃糖性脱毛・脂漏性脱毛)
・ストレスなどによる自律神経失調症によるもの(円形脱毛症・全頭脱毛症)
・生活習慣の乱れによるもの
・頭蓋骨の発育によるもの
・老年性や更年期、出産などのその他の理由によるもの


このようなさまざまな理由により、毛を作り出す毛母細胞に血液を供給する血管が収縮してしまうことで、毛母細胞の細胞分裂が止まってしまうために新しい毛を作り出すことができなくなるとされています。


プラセンタの作用の一つである「内分泌調節作用」は、ホルモン分泌を正常なバランスに保つように働きます。 男性ホルモンの過剰な分泌による脱毛に効果が期待できます。 また、「血行促進作用」が、頭皮の血流をよくさせますので、毛母細胞の働きが改善されます。 さらに、プラセンタに含まれる各種の成長因子(グロスファクター)が、髪の毛の生育に効果を発揮します。


プラセンタを使った病院での脱毛治療は、プラセンタ・エキスの注射や内服、頭皮への塗布が行われます。 治療効果としては、まず、抜け毛がとまり、その後数ヶ月で毛が生え始めるとされています。 発毛までには最低でも6ヶ月はかかるともいわれていますが、発毛時期には個人差があり、気長に治療する必要があるようです。 また、現在では、厚生省の育毛治療適用が認められていませんので、健康保険適用外となります。


症状別プラセンタの利用法

MENU



スポンサードリンク